本文へスキップ

厚生労働大臣指定試験登録機関

 はり師、きゅう師及びあん摩マッサージ指圧師

施術管理者研修TOPICS

当財団は、厚生労働省より施術管理者研修の登録研修機関として登録をされ、下記のとおり研修を実施します。NEWS

はり師、きゅう師およびあん摩マッサージ指圧師の施術に係る療養費の受領委任を取扱う
施術管理者の要件や研修受講の要否については最寄りの地方厚生(支)局にお問合せください。

地方厚生(支)局 https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/


施術管理者の要件について

(厚生労働省ホームページ 療養費の改定等について より)

目的NEWS

本研修は、新たに療養費の受領委任を取り扱う施術管理者が、適切に療養費の支給申請を行うとともに、質の高い施術を提供できるようにすることを目的とする。

主催NEWS

公益財団法人 東洋療法研修試験財団

対象者NEWS

本研修の対象者は、「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」(昭和22年法律第217号)第3条の3第2項に規定する「あん摩マツサージ指圧師免許証、はり師免許証又はきゆう師免許証」(同法第3条の 24に規定する「あん摩マツサージ指圧師免許証明書、はり師免許証明書又はきゆう師免許証明書」又は同法第3条の23に規定する指定登録機関があん摩マツサージ指圧師、はり師及びきゆう師名簿に登録したことを証明する登録済証明書を含む。以下「免許証等」という。)の交付を受けた者で、令和3年1月1日以降新規に申出を行う者とする。
*令和2年12月31日までに申出を行った者は本研修の受講対象者ではない。

研修時間及びプログラムNEWS

土、日及び祝日を使用し連続した2日間で合計16時間

1日目:9:00~18:00
午前:セクション1「職業倫理」
午後:セクション2「安全な臨床」
2日目:9:00~18:00
午前:セクション3「適切な施術所管理」
午後:セクション4「適切な保険請求」

費用NEWS

23,000円

研修要綱NEWS

研修要綱はこちら

※申し込み及び受講に際しては必ずご確認ください。

申込方法NEWS

1) 申込フォームからのお申込み

※申込フォームは画面下の「2022年度 施術管理者研修開催日程及び会場」のPDF内の「受付中」から入れます

受講を希望する開催日の受付期間内に申込フォームから必要事項を入力し申込ください。
受講が確定しましたら、登録された住所に届く「受講申込書」の受講案内に従い、受講申込書の記入および受講料の入金をしてください。
振込書を貼付した受講申込書、証明写真を貼付した写真用台紙を財団に郵送してください。
上記②の提出及び入金確認をもって、申込手続きの完了です。

2) 申込フォームからのお申込みができない場合


財団にお電話をいただき、受講を希望する開催日の申込書をご請求ください。
FAXまたは郵送にて申込書をお送りいたしますので、必要事項をご記入のうえ、FAXまたは郵送にてお申込ください。
以下、申込フォームからの流れと同様

3) 特例対象者等についての取扱いは以下のとおりです。


1.
特例対象者
後日研修修了証の写しを提出する旨の確約書を、地方厚生(支)局(所在しない都府県については地方厚生(支)局都府県事務所)に提出し、受領委任の取扱いの承諾をされている方が対象となります。
申込者が定員を上回った場合、承諾年月日順に受講者を確定します。
希望する回に受講していただけなかった場合、次回以降へ繰り下げて受講していただきます。
2.
今後開業する予定等で受講する必要がある者
申込者数が定員を上回った場合であっても、抽選のうえ受講者を確定します。


受講に関する詳細 ※申込前に以下を必ずご確認ください

オンライン環境の確認はこちら
●受講に関するお知らせはこちら
   オンライン受講の方
   会場受講の方


2022年度(令和4年度) 
開催日程及び会場
NEWS


2022年度の施術管理者研修は、会場とオンラインでの同時開催(ハイブリッド式)といたします。なお、新型コロナ感染症拡大の状況などにより実施形態を変更する場合がございます。各会場では新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を実施します。
研修は必ず2日間(合計16時間)続けて受講願います。
応募者数が定員数を超えた場合にはコンピューターシステムによる抽選を行います。
申込者が30名に満たない場合は開催を中止します。
諸事情により日程等に変更が生じる場合があります。


2022年度 施術管理者研修開催日程及び会場


過去開催分NEWS

2021年度

2020年度